1万以下で買える健康管理用初心者向けスマートバンドのオススメを比較|ブラックフライデー

こんにちはナカムラです。

たいしていらないけど欲しい物ってありますよね。

ブラックフライデーセールはそういったものを買う絶好のチャンス。

私はいまスマートバンドがほしいと思っています。

今までスマートバンドをつけてる人を内心バカにしてたんですよね。

なんで時計充電してんの?って

昔はスマートなことといえばメール確認出来るくらいでしたが、今はかなり発達しているようです。

なので僕も健康管理用にスマートウォッチ欲しいなぁと思い、今探しているところです。

一緒に探しましょう。

求めるスペック

ガジェットを探すときはスペックを決めてから探すのが最短です。

特に僕はスマートウォッチにあまり知見がないので、スペックで絞らないと数がやばい。

僕がスマートバンドに求めるスペック

・健康管理がしっかりしている

・酸素濃度モニターが付いている

・脈拍測定ができる

・アンドロイドと親和性が良い

・充電は多くて週1

・音楽が同期できる

・予算は7000円くらい(安ければ良い)

本当は血圧測定もしてほしいんですが、血圧の測定方法的にそれは無理そう。

あと本当は決済もしたかったんですが、対応しているスマートバンドが少なく、対応カードも少ないみたいで断念。

探してみる

注目商品

・OPPO Band Style→4070円

・HUAWEI BAND 6→7800円

・Xiaomi Mi Smart Band 6→5990円

・FitBit Luxe→15999円

・Garmin vivofit4→9800円

有名どころで手軽なのはこのへんかなと思いました。

OPPO Band Style (4070円)

OPPO Band Style
値段
 (5)
多機能
 (4)
健康管理
 (4.5)
電池の持ち
 (4)
Amazonレビュー
 (4)
OPPO Band Styleができること

・24時間心拍数測定

・アプリで変化を記録

・40種類の文字盤

・血中酸素濃度を継続的に測定

・睡眠の質モニタリング

・12種類のスポーツモード

・防水

・12日間使用可能。充電時はバンドはそのままでOK(スポーツバンドはむり)

・1,1インチ勇気ELディスプレイ(フルカラー)

最安のOPPO Band Style。

値段は4070円と最安。

中国に拠点をおく通信機器メーカー。ちなみにボクのスマホもOPPOです。

アマゾンレビューも概ね良好で、血中酸素濃度もそこそこ信頼性◎というレビューが多かったです。

OPPOくらいであればレビューを書かせてキャッシュバック!みたいなコトはやってないと思うので、信じていいとおもいます。

気になるのは一日で電池が切れるというレビュー。1件だけだったのでその人の運が悪かっただけかと思うことにします。

HUAWEI BAND 6→7800円

HUAWEI BAND 6
値段
 (3.5)
多機能
 (4.5)
健康管理
 (5)
電池の持ち
 (4.5)
Amazonレビュー
 (5)
HUAWEI BAND 6

・血中酸素常時測定

・1.47フルカラーディスプレイ

・2週間持続するバッテリー

・心拍数モニタリング

・睡眠モニタリング

・ストレスモニタリング(呼吸ガイドあり)

・96種類のワークアウトメニュー

・月経周期も記録

Xiaomi Mi Smart Band 6→5990円

Xiaomi Mi Smart Band 6
値段
 (4)
多機能
 (4)
健康管理
 (5)
電池の持ち
 (4.5)
Amazonレビュー
 (4.5)
HUAWEI BAND 6

・1.56インチディスプレイ(有機ELディスプレイ)

・睡眠モニタリング

・30種類のエクササイズモード

・月経周期管理

・夜間の血中酸素濃度を測定

・24時間心拍数モニタリング

・好きな画像を文字盤に設定

・防水

・14日間バッテリー持ち(通常モード)

・睡眠モニタリング

・座りすぎ通知

・ストレスモニタリング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected !!